http://nunupana.com/whoswho/uehara_kumi_2013_200.jpg

上原久美

うえはら・くみ

 

1968年東京都生まれ。都立工芸高校、文化女子大で染織に触れ、現在は父の郷里である沖縄県石垣島で八重山上布を織っている。

石垣では普通の主婦が職業として機織りをしている。私もその一人。伝統が現在も生活の中で意味をもち、たくさんの人が携わっている。土地のおおらかな気風、南国的気候、素材の風合いに助けられ、いつも「ここだからできている」と感じる。植物染料苧麻。手の仕事を重ねて素朴で美しい、居心地のよい布を目指している。

うちくい展と私

うちくい展は今回(第3回)が初めての参加です。別世界です。森さん、浦さん、手取り足取り、外の世界に連れ出してくださってありがとうございます。

 
閉じる