http://nunupana.com/whoswho/img/hirayama_fusae.jpg

平山ふさえ

ひらやま・ふさえ


http://kouboufuu.exblog.jp/

 

東京都生まれ。多摩美術大学グラフィックデザイン科卒業。三越パッケージデザイン部を経て、1993年芭蕉布に魅せられ、沖縄の喜如嘉芭蕉布会館伝承生となる。平良敏子氏に師事。2004年独立し、自宅で制作を始める。現在「工房風苧」主宰。

芭蕉布づくりは、畑で芭蕉の栽培をするところから始まる。苧(うー)と呼ばれる繊維を剥ぎ、木灰で炊き、竹ばさみでしごき、裂いて結び、撚りを掛け、絣を結び、染め・・・と、織りに至るまでにいくつもの工程を経て、ようやく一枚の布が生まれる。

よく「手間がかかって大変でしょう?」と聞かれるが、だからこそ楽しいと私は思う。なぜなら一つひとつの工程をこなしていくことにより、少しずつ布としてのかたちが見えてきて、とてもゆっくりではあるが、その一歩一歩が心躍る瞬間であるからだ。そして最初から最後まで、光や水などすべて自然の恵みと、自分の手から生み出されたものであるという達成感は、何事にも代え難い。

何をつくるのか、どんなデザインにするのか・・・ということより、日々仕事をしていく上で一番大切なことは、この気が遠くなるほどのいくつもの作業への慈しみと、遥か昔から変わらぬやり方で布をつくり続けている先人たちへの、尊敬と感謝の念である。この二つの気持を忘れずに、これからも布を織り続けていきたいと思う。

うちくい展と私

2008年に続き2回目の出展です。2008年の「オトコゴノミ」展では角帯の厚さ、着尺の打ち込みの密度など、着物のことをあまり知らないが故の至らないところがたくさんあり、もっと着物のことを勉強せねば・・・!と反省。「うちくい展」が終わってから数日間東京に滞在し、短期の着付け教室に通い、「よし!これから着物着るぞ~」と思いきや、こちらに戻って来てから着たのは、友人との食事会の時の1回きり。しかも浴衣。でも遅ればせながら、初めて自分で織った芭蕉の半幅帯を締めた時のときめきは今でも忘れられません。今年はぜひ自分で織った着尺を着たいものです。

 
閉じる