http://nunupana.com/whoswho/img/kameda_kyoko.jpg

亀田恭子

かめだ・きょうこ

 

多摩美術大学染織科(染専攻)卒業後2年半程アパレル会社に勤務。都会の生活に馴染めず西表島へ。石垣昭子さんに出会い織を学ぶ。1995年独立。ぬぬパナには第3回より参加。最近「工房しまふうき」と命名。

布〜着る物は自然から作られる・・・を意識して、沖縄県西表島で染織をしています。島に来て、糸となる植物を育てるところから布になるまで手仕事で出来ることにあらためて気付いたのです。

この地域八重山では、ぐんぼう(交織)と言われる苧麻、芭蕉、木綿などの異素材を合わせた布が古くからありました。もともとは糸を無駄にしない知恵だったようですが、着心地のよさなどで庶民の日常着として愛されてきました。最近では、絹と交織したりと自由に幅が広がります。

工房しまふうきでは、絹、芭蕉、苧麻、木綿を植物染料で染め、素材の風合いを考えながら糸を合わせていきます。芭蕉の皮を生のまま乾燥させ撚糸した糸と交織したオリジナルの皮芭蕉も制作。伝統の素材、技法を生かしながら、身に着けて楽しさも感じていただける布を、と考えています。

ぬぬぬパナパナと私

織り上がったところで、その先はまだまだわからないことだらけ。この展示会が何かのきっかけになり、今後に繋がっていくことを願っています。

 
閉じる