[原因解説]なぜEDになってしまうのか?

頭を抱えるスーツの男

男性の自信を奪うED。EDは男性だけではなく、パートナーの女性も不安にさせる問題です。症状に気付いた場合は早期の治療が必要でしょう。

ED治療にカマグラゴールドといった治療薬は有効な手段ですが、EDになった原因を知り、根本から改善していく事が望ましいです。

いったいなぜEDになってしまうのでしょうか?その原因を解説していきます。

EDの原因を知る

EDの原因は
「心因性」「器質性」「薬剤性」
と大きく分けられます。

心因性

正常な勃起のためには精神状態も非常に大切です。

過去に性行為で失敗した、性行為に対して過度な緊張やプレッシャーがあるなど、
「今度もうまくいかないのではないか」
という不安感からかえって勃起できない状態(ED)になってしまう事もあります。

また、パートナーとの確執や人間関係の悩み、仕事の不安やストレスなども心因性EDを引き起こす原因となる場合も。
精神的な悩みは十人十色であるため、断定ができない事が難しい所となっています。

精神的なストレスの原因が自覚できれば良いのですが、なかには「深層心因」といった心の奥に潜む感情や感覚によってEDを引き起こす事があり、無自覚なため自力で究明しようにも難しい場合もあるでしょう。

心因性のEDの場合は一人で悩まずパートナーに相談したり、心理カウンセリングを受けたりする事も状況改善の一歩に繋がります。

心因性のEDにカマグラゴールド等の治療薬は有効です。治療薬を服用しながら、精神的ストレスの原因も一緒に解決していきましょう。

器質性

器質性のEDは陰茎周辺の血管や神経のに何らかの障害があり、ペニスに充分な血液が送られずに勃起が出来ないことを指します。

カマグラゴールドなどのED治療薬には血管を拡張させる作用があるため、それによってペニスに充分な血液を送りこみ、勃起させる事ができます。

血管や神経に何らかの障害がおこってしまう原因として、過去に事故や病気によって神経や血管が傷ついてしまう事も挙げられますが、器質性でもっとも多いのが加齢による動脈硬化です。

動脈硬化によって血管が硬くなり、それによって血流不足が発生しペニスが充分に勃起できなくなります。

動脈硬化の原因となる生活習慣病の患者にED症状が現れる可能性が大きいです。

薬剤性

普段から服用している薬剤が原因で起こるEDを薬剤性に該当します。

抗うつ剤や精神安定剤、睡眠薬などの薬や、高脂血症治療薬や降圧剤等を常飲している方は薬剤性EDを引き起こす可能性があります。

薬剤性のEDは薬量を減らす、中止する、別の薬に変更することで改善する事ができます。

ですが決して自己判断せず、必ず医師に相談してお薬をどうするのか相談しましょう。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする